彼女が誕生日にプレゼントされたい花束は?|女性に人気の花の意識調査

誕生日にプレゼントされたい花束は?

カップルや夫婦にとって、お互いの誕生日は一年に一度の大切な日。男性側としては、特別な思い出となるようなイベントにしたいところですよね。

そこでおすすめしたいのが「花束のプレゼント」です。しかし、花束をプレゼントした経験がある男性は、意外と多くないのではないでしょうか?

そこで、女性に聞いた「誕生日の花束のプレゼント」に対するアンケート調査をもとに、花束の選び方や渡し方、記念すべき日に贈った花を大切に保存する方法までを紹介します。

目次

誕生日に花束のプレゼントはあり?女性意識アンケート

誕生日に花束のプレゼントはあり?女性意識アンケート

大切な女性への誕生日には、本当に喜んでもらえるプレゼントを渡したいものです。誕生日に花束のプレゼントを考えている場合、まず気になるのは「女性は花束をもらって本当に喜ぶのか」という点になりますよね。

そこで女性の本音を探るために、誕生日の花束のプレゼントに関するアンケートを実施しました。

【アンケート調査概要】

  • 調査対象:Webアンケートに回答いただいた女性
  • 調査人数:300名
  • 調査日時:2022年1月

誕生日に花束をもらうことをどのように考えているのか? 誕生日にプレゼントされたい花はなにか? 花束と一緒にもらいたい誕生日プレゼントとは? 女性300人に聞いてみたところ、以下のような結果となりました。

  • 約80%の女性が「花をもらったら嬉しい」と回答
  • 誕生日にもらって嬉しい花は「バラ」と「誕生花」が人気を二分
  • 花束と一緒に贈るなら「スイーツ」や「アクセサリー」がおすすめ

回答の理由も含め、女性の心理を深掘りしていきましょう!

女性の80%が「花をもらったら嬉しい」と回答

誕生日に花をプレゼントされたら嬉しいですか?

誕生日に花をプレゼントされたら嬉しいですか?

  • 嬉しい:79.3%
  • 嬉しくない:20.7%

誕生日に花束をプレゼントされて「嬉しい」と回答した方は、全体の79.3%でした。誕生日に花束を贈れば、ほとんどの女性が喜んでくれるということがわかります。

普段自分で花を買う機会がないので、好きな花を貰えると「自分のことをわかってくれているんだな」と感じることができて嬉しいです♪

自分の誕生日に花束を貰えたら、すごく記憶に残る思い出になるので嬉しいと思いました!花束は特別なイメージなので、気分も華やかな誕生日になれそうです。

若い頃みたいな派手なプレゼントよりも、落ち着いた花のプレゼントが綺麗だし、大人なプレゼントだと思います。とくに「花束」となると高額で自分のために買うのは躊躇してしまうので、プレゼントされると嬉しい。

一方、「嬉しくない」と回答したのは約20%と、一定割合がネガティブな印象を持っています。

なぜ花束のプレゼントを嬉しく思えないのか? 具体的な理由を聞いてみました。

どのようなタイプの花をプレゼントされるかにもよりますが、私が面倒くさがり、ズボラなタイプなので、生花をプレゼントされるとすぐに枯らしてしまい相手をガッカリさせると思うのであまり花はプレゼントされたくないです。

気持ちはありがたいしもらった瞬間は嬉しいかもしれないが、すぐに枯らしてしまうことを考えると素直によろこべない。

置き場所に困るし、インテリアに合わないと嫌だから。

こうした意見が目立つように、花束のプレゼントが「嬉しくない」理由は以下の要素に集約されます。

  • 手間の問題:花は手入れや管理が必要
  • 保存の問題:枯れてしまう花はプレゼントとして残らないから悲しい
  • 部屋の問題:花瓶の準備がない、インテリアに合わない

花束のプレゼントは、「手入れが大変」「枯れてしまう」「置き場所に困る」など、女性にプレッシャーを与えてしまうことがあります。

花束をプレゼントするにあたっては、女性の性格やライフスタイルを配慮してあげるべきでしょう。

また、花束を「プレゼントして終わり」とせず、保存方法を提案するなど、プレッシャーを和らげる方法をあらかじめ把握しておきましょう

花粉アレルギーを持つ女性もいる点にも注意が必要です。花粉アレルギーはスギ花粉だけでなく、多数の種類(約50種類)があります。ユリやひまわりの花粉は、服などについてしまった場合にシミになるので嫌がる女性もいるでしょう。

誕生日にもらって嬉しい花は「バラ」と「誕生花」が人気を二分

花束のプレゼントでは、女性が喜んでくれるような「贈る花の種類」も重要です。女性はどのような花を望んでいるのでしょうか?

誕生日にプレゼントされたい花は?

誕生日にプレゼントされたい花は?

  • バラ:34.8%
  • 誕生花・誕生月の花:28.5%
  • ガーベラ:7.8%
  • チューリップ:5.9%
  • ヒマワリ:4.3%
  • カーネーション:3.9%
  • 蘭:3.1%
  • スイートピー:3.1%
  • ユリ:1.2%
  • その他の花:7.4%

誕生日にもらって嬉しい花、1位はプレゼントの大定番の花である「バラ」でした。割合は34.8%で、およそ3人に1人がバラを選んでいます。

続いて、誕生日プレゼントということもあり、誕生花・誕生月の花が2位にランクイン。「誕生花」「誕生月の花」と聞いてもピンとこない男性も少なくないとは思いますが、女性においてはバラに肉薄するほどの人気を集めているのです。

人気の「誕生花・誕生月の花」とは?

自分の誕生花を聞かれて答えることはできますか? すぐに答えられる男性は少ないでしょう。

その一方で、多くの女性は自身の誕生花・誕生月の花を把握し、その花に思い入れを持っているのです。

実際に「誕生日にプレゼントされたい花」の2位にランクインしており、その理由を聞いてみると、「自分の誕生花・誕生月の花を調べて贈ってくれた」ということに多くの女性が喜びを感じることがわかります。

誕生月の花だと特別感があるし、誕生月の花をきちんと調べてくれる優しさも伝わってくるので良いなと思います。

誕生花や誕生月の花は「その日の自分のために用意された」感が強く感じられるので、嬉しくなっちゃいます!

誕生月の花がダリアでちょうど好みのため、うれしいなと思いました♪

私の誕生月の花などをきちんと調べてくれて、プレゼントしてもらうと想像したら感動レベルだと思います。

誕生花とは?

誕生花とは、ギリシア・ローマの人々が神の定めに従って決めた月日の花のことです。

自然界にそれぞれを司る神がいるように、時間や月日といった「時」にも同じように神が存在する。そして花や木々は神秘的な力を秘めており、神からのメッセージをその身に宿す。

こう信じられていたことに、誕生花の思想は由来すると考えられています。

一年365日、それぞれに誕生花が定められています。女性の誕生日の誕生花は、こちら「365日の誕生花からご確認ください。

誕生月の花とは?

365日それぞれの日に設定された誕生花とは別に、「誕生月の花」として月ごとに12種類の花が定められています。各月の気候や雰囲気にマッチする花であるため、プレゼントにも最適です。

  • 1月:シンビジウム
  • 2月:フリージア
  • 3月:チューリップ
  • 4月:カスミソウ、サクラ
  • 5月:カーネーション、スズラン
  • 6月:バラ
  • 7月:ユリ
  • 8月:ヒマワリ
  • 9月:リンドウ、ダリア
  • 10月:ガーベラ
  • 11月:シクラメン
  • 12月:カトレア、ポインセチア

花の「色」で異なる「花言葉」を確認

花の「色」で異なる「花言葉」を確認

プレゼントする花を決めるにあたっては、ロマンチックなメッセージを添えて伝えられる「花言葉」も押さえておきましょう。

同じ種類の花であっても、その色によって花言葉は異なります。場合によっては、プレゼントとしてはふさわしくない花言葉となっているケースも考えられます。

例えば、人気1位のバラの場合、赤色のバラは「愛情」ですが、黄色のバラは「薄らぐ愛」というように、まったく意図しない花言葉になってしまうことがあるのです。

バラの花言葉

女性から圧倒的な支持を集めるバラ。まずはその人気の理由から見ていきましょう。

華やかな感じがするし、もともと好きな花。高級なイメージがあり、それだけの高級品を選んでくれたという気持ちになる花だと思います!

色がたくさんあり、香りがとても良く、形も美しいので♪

ロマンチックだし、花の言葉を活用してくれたのかなって思えるからです。

華やかさや高級感溢れる香り・見た目から、不動の人気となっているバラですが、色ごとにさまざまな意味の花言葉を持ちあわせています。

バリエーションの豊富さからも、花束にさまざまな色のバラを交ぜてしまいがちですが、黄色いバラの花言葉には要注意です。

バラの色 花言葉
愛情、あなたを愛しています、情熱、熱烈な恋、恋、美、美貌、私を射止めて、ロマンス、貞節、無垢で愛らしい
ピンク 上品、しとやか、気品、かわいい人、美しい少女、感銘、愛の誓い、温かな心、満足、愛、感謝、感銘、愛を持つ、わが心君のみぞ知る
純潔、清純、尊敬、私はあなたにふさわしい、無邪気、素朴、恋の吐息、相思相愛、約束
奇跡、夢かなう、神の祝福、不可能、神秘的、喝采
黄色 友情、友愛、平和、検診、愛の告白、不貞、嫉妬、薄らぐ愛
気品、誇り、高貴、尊敬、上品、王座
オレンジ 絆、信頼、すこやか、無邪気、愛嬌、魅惑、恋愛の達人、誰かがどこかで
レインボー 無限の可能性、奇跡

ガーベラの花言葉

誕生花・誕生月の花に次ぐ3位にランクイン。ガーベラの人気の理由や花言葉についても確認していきましょう。

ビビットな色が多くて見た目も可愛い!部屋に飾ると華やかになりそう。

花の中でも最も好きな花で、カラフルな色と肉厚の花弁が華やかで好きだからです。

花の世話が上手くないので、少しでも長く咲いてくれる点が良いなと思います♪

長持ちしやすく、お手入れの手間も少ないことから人気のガーベラ。色合いやカラーバリエーションが豊富な点も人気の理由のひとつとなっていますが、ネガティブな意味合いの花言葉を持つ色は特にありません。

ガーベラの色 花言葉
全般 希望、常に前進
オレンジ 神秘、冒険心、我慢強さ、忍耐強さ
希望、律儀、純潔
黄色 究極の美しさ、親しみやすさ、やさしさ
限りなき挑戦、前向き、神秘、燃える神秘の愛
ピンク 感謝、崇高な美しさ

チューリップの花言葉

ガーベラに次ぐ、根強い人気の花がチューリップです。

かわいくて元気があるイメージなので、プレゼントでもらったら気持ちが上がりそうだと思いました♪

可愛らしい形も好きですし色が豊富にあるので楽しいです。

昔からチューリップが好きです。丸いフォルムとツヤツヤした花びら、優しい感じが可愛いです。

色や種類の豊富さ、愛らしい形からも人気のチューリップですが、「白」と「黄色」のチューリップの花言葉には要注意

それぞれ「失われた愛」「望みのない恋」など、恋愛に対してネガティブなメッセージとなってしまいます。

チューリップの色 花言葉
全般 思いやり
愛の告白、真実の愛
失われた愛、失恋、新しい愛
ピンク 愛の芽生え、誠実な愛
黄色 正直、望みのない恋、名声、高慢
不滅の愛
オレンジ 照れ屋
美しい目

花束と一緒に贈るなら「スイーツ」や「アクセサリー」がおすすめ

「誕生日プレゼントが花だけでは心もとない」「花だけを渡すのではなんだか照れくさい」。そう考える男性も多いのではないでしょうか?

そこで、「花束と一緒にもらいたい誕生日プレゼント」についても聞いてみました。

花束と一緒にもらいたい誕生日プレゼントは?

花束と一緒にもらいたい誕生日プレゼントは?

  • スイーツ:41.7%
  • アクセサリー:24.7%
  • コスメ:7.7%
  • 旅行:6.0%
  • 財布:3.3%
  • バッグ:3.3%
  • 時計:3.0%
  • 食品(スイーツ以外):2.0%
  • 食器:1.3%
  • 家電:1.0%
  • その他:6.0%

圧倒的な人気を集めたスイーツ、次いでアクセサリーという結果になりました。

意外にも、スイーツと同じく消耗品である、コスメや旅行といった「花と同様にモノとして残らないプレゼント」も上位にランクインしています。

スイーツやアクセサリー、コスメなどはラッピングもおしゃれで花束とのサイズのバランス感もよく、プレゼントに最適です。これらの定番アイテムを花束と一緒にプレゼントすると良いかもしれませんね。

花の誕生日プレゼントの渡し方

一口に「花をプレゼントする」といっても、フラワーギフトには花束以外にもさまざまな形があります。

女性はどのような形で花のプレゼントをもらうのが嬉しいのでしょうか?

誕生日にもらって嬉しい花のプレゼントは?

誕生日にもらって嬉しい花のプレゼントは?

  • 花束:48.4%
  • アレンジフラワー:20.7%
  • プリザーブドフラワー:15.6%
  • 一輪花:8.0%
  • ソープフラワー:7.3%

プレゼントの大定番「花束」が半数近い支持を集め、圧倒的な一番人気となりました。

そして注目は、「花束」「アレンジフラワー」「一輪花」と、生花を用いたプレゼントが約8割をも占めるという点。生花のプレゼントが優位であることは、この結果からも明白です。

とはいえ、手入れや保存の観点から、生花のプレゼントにネガティブな印象を抱く女性が一定数いることも事実です。

生花のプレゼントの場合は、「保存」「加工」の手段もあらかじめ念頭に入れておきましょう

例えばドライフラワーや押し花への加工です。「保存」「加工」の問題が解消されるため、女性としてもプレッシャーを感じることなく、安心して花のプレゼントを受け取れるでしょう。

1位「花束」:生花の美しさを楽しんだ後のアレンジも自在

1位「花束」:生花の美しさを楽しんだ後のアレンジも自在

大切な人へのプレゼントにふさわしい、ロマンチックさ、華やかさは花束ならではの魅力。誕生日という特別な日の贈り物であれば、花束は絶対に外せない選択肢になるでしょう。

また、ドライフラワーや押し花といった加工保存によって、ひと味違った美しさを長期間楽しめる点も魅力です。

花束を選んだ女性のコメントを抜粋して紹介いたします。

やっぱり生花が香りも良いし時間が経てば枯れてしまうので逆に誕生日という「今」を祝ってもらえている感じがして好きです。あと、勿体ないと思ったらドライフラワーなり押し花なりに後で自分でアレンジすれば良いと思います。

生花で見た目が華やかな方が嬉しいです!プリザーブドフラワーは置場に困る印象があります。

絶対に花束が良いです。何か特別なことがないと普通は花束をもらうことなんてないので、特別感がありますし、とても華やかで嬉しいです。

誕生日にプレゼントする花束の値段目安

定番のプレゼントとはいえ、これまでに花束を購入した経験がないという男性も少なくないでしょう。まずは値段・価格帯ごとに、どのような種類・サイズ感の花束を購入できるのかイメージしてください。

1000円ならミニブーケ
1000円ならミニブーケ

画像引用元:Creema(クリーマ)

  • Creema(クリーマ)「アジサイブーケ&スワッグ」:1,000円

2000円代ならミニブーケや小サイズの花束
2000円代ならミニブーケや小サイズの花束

画像引用元:アルバロ

  • アルバロ「ミニブーケ カーネーション+ローズタイプ」:2,497円

3000円代なら中サイズの花束
3000円代なら中サイズの花束

画像引用元:青山フラワーマーケット

  • 青山フラワーマーケット「カラードブーケ(ペシュ)」:3,850円
3000円代なら中サイズの花束

画像引用元:花キューピット

  • 花キューピット「オレンジバラと赤ガーベラのナチュラルブーケ」:3,300円

5000円以上なら大型サイズの花束
5000円以上なら大型サイズの花束

画像引用元:青山フラワーマーケット

  • 青山フラワーマーケット「バースデーポップアップカード(ローズ)&カラードブーケ(ミモザ) バルーンベースセット」:5,940円
5000円以上なら大型サイズの花束

画像引用元:フジテレビフラワーネット

  • フジテレビフラワーネット「可愛いお誕生日☆アレンジ」:5,500円

花束の買い方のポイント

花束の買い方のポイント

続いて花束の「買い方」です。花束を購入するタイミングや花束の種類、注文方法から持ち運びまで、ポイントを押さえておきましょう。

花束はどこで買える?

花束は実店舗のほか、ネットショップでも購入できます。

ただし配送の場合、予期せぬ遅延が発生する可能性があります。誕生日に渡す花束の場合、事前予約の上で実店舗での当日引き渡しがもっとも確実となるでしょう。

花束はいつ買うべきか?

大方予想はつくかと思いますが、花の鮮度を考えると誕生日当日に引き取るのがベストです。前日などに引き取る場合は、あらかじめ店舗などに「プレゼントする日」も伝えておきましょう。

生花の鮮度は花の種類やショップの保管方法によっても異なりますが、花束の状態で持ち歩いても、当日のプレゼントのタイミングまで鮮度は十分に保てるでしょう。

とはいえ、花束は十分に水が吸えない状態であることには変わりありません。間違っても数日前に購入してしまわないようにしましょう。

注文は事前に済ませておくべきか?

希望の花の種類や花束の組み合わせがある場合には、事前に注文をしておきましょう。

フラワーショップでは仕入れる花がその日によって異なります。当日にお店に行っても、希望の花束を用意できない可能性があるためです。

「ロングタイプ」と「ラウンドタイプ」

花束には、ロングタイプとラウンドタイプの2種類があります。

ロングタイプの花束とは、いわゆる想像する通りの花束です。長さを出したり調整したりすることで、立体感やボリューム、豪華さを演出できます。

ロングタイプ

画像引用元:フラワーエデュケーションジャパン

一方、ラウンドタイプはドーム状に作られた花束です。持ち運びがしやすく、可愛さを表現できます。

「ロングタイプ」と「ラウンドタイプ」

花の種類によっては、いずれかのタイプしか選択できない場合もあります。事前に確認しておきましょう。

包装はどうする?
包装はどうする?

花束は、ラッピングによって花がどう見えるかが大きく変わります。

  • 筒状に包む
    … 筒の中から花束がちらっと花が見えるため、さりげなく花を包みたい時にオススメです。
  • 畳んで包む
    … 畳んで包むことで角が出ることで、少量の花でもボリュームを大きく見せることができます。
  • 三角に包む
    … 三角の角を背面に持っていくことで高級感を演出できる包み方です。
  • 下から包む
    … 束ねた茎の部分から包みこみ、包装紙1枚で簡単にラッピングできる方法です。
  • 縦長に包む
    …スタンダードな包み方です。三角と同様、高級感の出る包み方です。
  • ボリューム感を出して包む
    … 韓国のSNSで流行っているようなボリューム感のある花束の包み方です。

一般的な紙から透明なフィルム、不織布などの包装素材もさまざまです。複数取り扱うショップもあるため、包装についても相談すると良いでしょう。

メッセージカードはつけられる?

誕生日のような記念日に贈る花束には、メッセージカードを添えると良いでしょう。多くのフラワーショップではメッセージカードを準備しています。

花束の持ち運び

花束を持ち運ぶ際は、必ず立てて持ち歩くようにしてください。

多くの花束は、切り口に水の入った容器などを被せています。逆さや横に持つことで水が漏れ、包装やラッピングが濡れてしまうほか、花びらが濡れて花が弱ってしまうこともあります。

車移動の場合は、花束がつぶされない程度の縦長の段ボールを準備し、花束を立てておくのがベストです。

2位「アレンジフラワー」:花瓶への差し替え不要でそのまま飾れる

2位「アレンジフラワー」:花瓶への差し替え不要でそのまま飾れる

アレンジフラワーは、バスケットや小さな花瓶に花が水を吸うスポンジ材がセットされた形状のフラワーギフトです。そのまま飾れる形となっているため、花瓶への差し替えなどが不要なほか、花の美しさを比較的長く楽しめます。こちらもドライフラワーや押し花といった加工保存が可能です。

アレンジフラワーを選んだ女性のコメントを抜粋して紹介いたします。

色んな生花が入ったアレンジだと、花瓶に移し替えて別々に飾ることができます♪

花を生けたり水を替えたりするのが面倒に感じてしまうので、そのまま飾れると嬉しいです。

アレンジフラワーだと、ずっと見て楽しめて思い出の品にもなって良いなと思いました。長く楽しめる花なので、オシャレで魅力的かなと思いました。

3位「プリザーブドフラワー」:水やりなどのお手入れ不要

3位「プリザーブドフラワー」:水やりなどのお手入れ不要

プリザーブドフラワーは、生花に対して保存加工(プリザーブド加工)を施したフラワーギフトです。花がもっとも美しいときに色素を抜き、特殊な染料を吸わせます。

花そのもののみずみずしさを保ち、まるで生花のような自然な仕上がりを長期間楽しめることが大きな特徴です。

その一瞬の花の美しさを楽しむのもよいですが、その時の気持ちを忘れないように、形として手元に残しておきたいと思うからです。大きな花束ではなく、一輪花程度の小さなプリザーブドフラワーがよいです。

水やりが要らず楽で、生花より長期間飾ることができるから。

綺麗なまま長く飾っておくことが出来るのと、大体がそのまま(花瓶などを用意せずとも)飾っておけるので楽なため。

4位「一輪花」:一輪だからこその可愛さとさりげなさが人気

4位「一輪花」:一輪だからこその可愛さとさりげなさが人気

一輪のみだと物足りなく感じてしまいそうですが、さりげないプレゼントとして一輪花も人気です。一輪でもボリュームのでる花であれば、花器や花瓶とのバランスもとりやすく、可愛らしさがより引き立つでしょう。

唯一無二のプレゼントを永遠のものとすべく、ドライフラワーや押し花といった加工保存もおすすめです。

花のプレゼントとは別にもう一つ、他のプレゼントも欲しいので、こちらはシンプルなものがいいなと思いました。

あまり匂いのきつい派手のものが好きではないので、シンプルに飾れる一輪花が良いです。

花束を飾る花瓶がないのですが、一輪花が挿せるものであればあるので。一輪だけ飾ったときに、とても愛らしさを感じた思い出があります。

5位「ソープフラワー」:高級感のある香りでインテリアとしても最適

5位「ソープフラワー」:高級感のある香りでインテリアとしても最適

ソープフラワーは石鹸で作られた花のことで、本物と見間違えるほどリアルに作られています。

高級感のある香りや石鹸のアロマを楽しめ、お店や自宅のインテリア、記念品、プレゼントとして人気のある造花です。

せっけんでできたお花のことなら、ぜひもらいたいです。石鹸が好きですし、お花にかわいそうと思わなくていいからです。

何回かもらったことがありますけど、リビングや自分の部屋にインテリアとして飾るのにとてもよい品物です。

石鹸やアロマっぽい香りで高級感がありますし、プレゼントには最適だと思います。

プレゼントした花を保存する方法

プレゼントした花は、誕生日のハイライトとなる特別なものです。そのまま枯れるのを待つのではなく、加工を施し素敵な思い出として長期間その美しさを楽しみましょう。

特に誕生日のタイミングでのプロポーズを考えているのであれば、プレゼントした花束は今後の2人にとってかけがえのない思い出になるものです。

以下に紹介する加工方法であれば、お手入れや置き場所に困ることもありません。

  • 押し花で額に入れてインテリアにする
  • 立体的にガラスに入れてインテリアにする(ボトルブーケ)
  • 立体のまま額に飾る(3Dブーケ)
  • クリスタルフラワーにする

押し花で額に入れてインテリアにする

押し花で額に入れてインテリアにする

新聞紙などで花を挟み込んで作る方法で馴染み深い押し花ですが、近年、押し花の技術は目を見張る進化を遂げています。乾燥技術や保存方法、押し花を作るための道具も格段に進歩しており、花の持つ美しさをより鮮明に追求できるようになっているのです。

押し花を額に入れて飾ることで、一種のアートとして楽しむことも可能。長ければ30年以上もの間、色落ちのない奇麗な状態を保てるほか、流れる時のなかでその表情が変わっていく風情を楽しめることから、一番人気の保存方法となっています。

押し花の仕上がりイメージや価格、サイズはこちらをご覧ください。

立体的にガラスに入れてインテリアにする(ボトルブーケ)

立体的にガラスに入れてインテリアにする(ボトルブーケ)

ボトルブーケとは、乾燥材により水分だけを取り除いた花をボトルなどのガラスの器や立体額の中でアレンジする、生花の持つ自然な色や形を残すことができる保存方法です。

保存状態が良ければ、生花のようなみずみずしい姿を30年以上楽しめる点が大きなメリット。花束や一輪花といった贈った生花が、恒久的なプレゼントに生まれ変わります。

ボトルブーケの仕上がりイメージや価格、サイズはこちらをご覧ください。

立体のまま額に飾る(3Dブーケ)

立体のまま額に飾る(3Dブーケ)

3Dブーケは、押し花のアート性とボトルブーケのみずみずしい見た目の両方のメリットを併せ持つ保存方法です。ボトルブーケと同様に乾燥剤により特殊な加工を花に施すことで、保存状態によっては30年以上花のそのままの色を楽しめます。

3Dブーケの仕上がりイメージや価格、サイズはこちらをご覧ください。

クリスタルフラワーにする

クリスタルフラワーにする

クリスタルフラワーは、透明度の高い樹脂に花を閉じ込めることで、かけがえのない瞬間を30年以上楽しむことができる保存方法です。

額で飾る押し花や3Dブーケ、ボトルブーケよりもコンパクトに加工できるため、リビングはもちろんのこと玄関先やトイレ、寝室など飾る場所を選ばず、高いインテリア性がある点が人気のポイントとなっています。

クリスタルフラワーの仕上がりイメージや価格、サイズはこちらをご覧ください。

女性の誕生日に花を贈ろう

女性の誕生日に花を贈ろう

年に一度の特別な日である誕生日。花束を贈って、よりロマンチックなひとときを演出しましょう。

花束が必ずしもあなたの彼女に喜ばれるプレゼントであるとは限りません。しかし、花束はあなたの気持ちや想いを込めることができるプレゼントです。

プレゼントは、いかに「相手のことを想って」選んだかが重要で、それはアンケートの回答からも明らかです。

そんな特別な日に贈った花束だからこそ、ぜひ保存加工をご検討ください。

特に誕生日のタイミングでプロポーズを考えている場合であれば、花束は一生の宝物となるものです。美しく保存できる花束はこれからの生活を彩り、二人にとってかけがえのないアイテムになるでしょう。

記事監修:婚活アドバイザー 植草美幸

ファッション発信基地・青山で 1995年に、アパレル業界に特化した人材派遣会社株式会社エムエスピーを創業。その後2009年にその人材派遣業で培ったマッチング能力・人材発掘能力を生かし結婚相談所マリーミーを設立。ダサくて美意識が低い結婚相談所業界と会員層を一掃するべく、アパレル業界での経験を武器に男ウケ・女ウケを意識したファッション・メイクアドバイスを自ら伝授、人間力アップをテーマに日々会員のカウンセリングにあたる。 全国の地方自治体でのセミナー講演、メディア出演も多数。実績、実力は共に折り紙付き。2015年には一般社団法人東京恋婚アカデミーを設立し、全国の未婚の男女を救うべく日々奮闘している。

記事監修者コメント

「お花」をもらうのは特別感があります。もらった女性は改めて「私、女だわ」と実感しうれしい気持ちになるもので、まだ交際をしていない初対面(初デート)であっても、お花をプレゼントされるのはとてもうれしいものです。花をプレゼントされた女性は、そこで初めて相手のことを意識することも珍しくなく、将来ずっとそのシチュエーションを忘れることもないでしょう。渡すときには、カードでなくても「お誕生日おめでとう」とはっきりと言葉に出して渡しましょう。プロポーズと同様に、渡す際のシチュエーションも大事なポイントです。